日焼け止め 顔

MENU

顔用の日焼け止めを使ってみよう

日焼け止めを顔に塗るときに、「全身用の日焼け止めを顔に塗って大丈夫かな…?」と少し不安になってしまうことはありますよね。顔にも全身にも使える日焼け止めは多いですが、肌を綺麗に保つためには、顔用の日焼け止めを使ったほうが良いかもしれません。

 

顔用の日焼け止めは、化粧下地のように使えるものから保湿成分が配合されているものまで、さまざまな工夫がされている商品が多いです。化粧下地として使える日焼け止めは、ファンデーションを塗る前に使用することで、日常的に紫外線を防げます。

 

顔用なので肌への刺激が少ないものが多く、毎日使用しても肌トラブルを引き起こす心配はありません。外出時はもちろん、日差しが差し込むオフィスで仕事をしているときでも、紫外線対策はばっちりですね。

 

また、保湿成分が配合されている日焼け止めであれば、乾燥肌・敏感肌の人でも安心して使用できます。SPE・PA値が高い日焼け止めばかりを使用していて、日焼け止めが原因で乾燥肌を引き起こしてしまう人は多いです。

 

日焼け止めによる肌荒れが心配な人は、保湿成分配合の顔用の日焼け止めを使ってみましょう。

 

また、日焼け止めは2〜3時間ごとに塗りなおすのが好ましいです。

 

 

 

日焼け止めの使用とスキンケア

日焼け止めをしっかりと塗って紫外線対策をしているのに、なぜか吹き出物が増えている…、という経験をしたことがある人はいませんか?それは、日焼け止めを塗り過ぎたり、日焼け止めを使用した後のスキンケアを丁寧に行っていないことで、逆に肌トラブルを引き起こしていた可能性が高いです。

 

日焼け止めを肌に塗ると、少なからず肌への負担がかかってしまいます。特にSPE・PA値が高い日焼け止めだと、乾燥肌や敏感肌を引き起こしてしまうことがあります。とはいえ、日焼け止めは紫外線対策にとても便利なものです。正しい使い方を知ることで、日焼け止めによる肌トラブルを防ぎましょう。

 

日焼け止めは、1日に何度も塗りなおさなければ十分な効果を発揮できません。2〜3時間おきに塗りなおすのが好ましいとされているため、長時間外にいる場合には何度も塗りなおすことになります。すると、毛穴に日焼け止めが入り込んでしまうことが多いです。帰宅したら、寝る前にしっかりとクレンジングを行いましょう。毛穴に日焼け止めが詰まったまま生活してしまい、ニキビなどができてしまう人が多いです。

 

また、スキンケア後に日焼け止め・メイクをする場合には、化粧水の後に日焼け止めを塗りましょう。化粧水や乳液で保湿をすることで、日焼け止めによる肌荒れを防げます。