日焼け止め カバー力

MENU

日焼け止めはカバー力が高いほうがいいの?

日焼けは、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因となります。日焼けによってメラニン色素が生成されるので、肌に沈着してシミやくすみを引き起こします。また、紫外線のダメージで肌が乾燥してしまい、ニキビやシワをつくってしまうこともあるのです。日焼けを防ぐために、外出時にはできるだけ日焼け止めクリームを使うようにしましょう。

 

では、どのような日焼け止めを選べば良いのでしょうか?

 

日焼け止めのカバー力を知るには、「SPF」と「PA」を見てみましょう。SPFとPAの値が高いほど、カバー力がある日焼け止めであることがわかります。

 

カバー力が高い日焼け止めを使っていれば、日焼けを防ぐことができます。しかし、カバー力が高いということは、それだけ肌への負担も大きいということです。少しの外出でカバー力が高い日焼け止めを頻繁に使っていると、乾燥肌や敏感肌になってしまう可能性があるのです。買い物などのちょっとした外出の時にはカバー力が低い日焼け止めを使い、レジャーや運動会などの長時間紫外線にさらされてしまう時にカバー力が高い日焼け止めを使いましょう。日焼け止めを上手く使い分けることで、肌に大きな負担を与えずに日焼けを予防できます。

 

 

 

日焼け止め選びはカバー力に注目

 

日焼けを防ぐために、外出時には必ず日焼け止めクリームを塗っている人を見たことはありませんか?晴れていない日でも、紫外線は存在しています。天気に関係なく日焼け止めを塗って外出することは、確かに日焼けを防止することに効果的です。ですが、使用する日焼け止めのカバー力には注意しておきましょう。

 

カバー力が高い日焼け止めを頻繁に使用していると、逆に肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

 

カバー力が高い日焼け止めは、肌を紫外線から守ってくれます。しかし、カバー力が高い分、肌への負担も大きいということを忘れてはいけません。紫外線から肌を守っていたはずが、気付いたら日焼け止めが原因で肌荒れを引き起こしていたというケースが多いです。外出時に日焼けを気にするのはとても良いことですが、シーンによって日焼け止めを使い分けられるようになるとさらに良いですね。

 

薬局やドラッグストアには、肌のことを考えた優しい日焼け止めも売っています。カバー力が低めで肌への負担が少ないものや、日焼け止めを塗ることで乾燥肌を引き起こさないように保湿成分が配合されているものもあります。自分の肌質に合わせて、使いやすい日焼け止めを選んでみましょう。